犬の鼻腔癌・肺癌

呼吸器の癌・腫瘍 呼吸器系の腫瘍としては、鼻腔ならびに副鼻腔の腫瘍・喉頭の腫瘍・気管・気管支の腫瘍・肺腫瘍に分けることができます。
鼻腔・副鼻腔の腫瘍は全腫瘍の1〜2%といわれ、喉頭腫瘍や気管・気管支腫瘍は極めて少ない病気です。 また肺腫瘍は原発性のものも極めて少なく、多くは転移性の腫瘍であると言われています。
いずれも人間のように初期の段階で発見されることは少なくかなり進行した時点での診断が多い様です。
対処法一般身体検査・血液検査・生検検査等で詳しい病理組織検査を行う様です。
摘出手術や化学療法、放射線療法・免疫療法やホルモン療法などを併用し治療を行う様です。
鼻腔や副鼻腔 良性のポリープ、悪性の腺癌・扁平上皮癌・繊維肉腫
症状膿性-血様性鼻汁・いびき・クシャミ・眼球突出・顔面部の変形・呼吸困難
喉頭 腺腫・腺癌・骨肉腫・血管肉腫肥満細胞腫リンパ肉腫    
症状呼吸困難・嚥下困難・変声・喘鳴
気管支 気管骨軟骨腫・骨肉腫・扁平上皮癌・気管支腺癌
症状気管・気管支の腫瘍:咳・喀血・呼吸困難・喘鳴・チアノーゼ・嘔気
繊維肉腫・軟骨腫・脂肪腫血管肉腫
症状肺腫瘍:咳・呼吸困難・喀血・チアノーゼ
 補足 犬の呼吸器の癌の補足説明
鼻や鼻腔・副鼻腔・気管・肺・咽頭・胸膜・縦隔の癌や腫瘍には、原発性腫瘍や転移性腫瘍があります。
癌の種類としては、発生箇所によって様々で、良性のポリープ(できもの)、腺癌、扁平上皮癌、線維肉腫、リンパ腫、骨肉腫、軟骨肉腫・平滑筋肉腫などがあります。癌の症状としては、膿混じりの鼻水や、鼻血・呼吸困難・咳などがあります。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ