犬の脂肪腫

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


犬の脂肪腫

犬 病気 脂肪腫 脂肪腫 脂肪腫は脂肪細胞から発生する腫瘍です。脂肪組織からなる良性腫瘍です。
腫瘍の発育はとても緩やかです。肥満した中齡又は老齢の雌犬の脇腹・胸部
・前胸骨部等の皮下脂肪組織に良く発生すようです。発生平均年齢は8歳で
ラブラドールレトリーバー・ダックスフント・コッカ−スパニエル・プードルやテリア
などの小型犬種にも多くみられます。
症状 大きく増殖する事もありますが、皮膚を侵す事もなく潰瘍の形成もありません。
肉眼的には、やわらかくて弾力性のある脂肪のかたまりが皮下にできる球状形
として見られます。たまに、筋肉間の組織に広く浸潤する事もあります。
対処法 良性脂肪腫か、悪性脂肪肉腫かを調べるために、詳しい細胞診等の組織病理
検査が行われる様です。痛みを伴ったり、大きく肥大していたりするので外科的
切除が一般的と言われます。切除により完治率70%程度と言われるほど治療
できる様ですが、侵入性の場合・脂肪肉腫、脂肪腫の30%は、かなり深く腫瘍
切除しても、再発しやすい傾向がある様です。薬物投与や免疫を高める免疫療法
などが行われる様です。



犬の脂肪腫の補足説明
脂肪腫は脂肪細胞の良性腫瘍で、8歳以上のイヌに多くみられます。雄犬よりも雌犬に多く、胸部や腹部の皮下や四肢の上部に脂肪腫はよく発生します。触ると、ぶよぶよとした感じで、通常は一つだけ発生し、ゆっくりと成長します。まれに悪性腫瘍である脂肪肉腫がみられることもあります。脂肪腫が急速に大きくなったり、犬の歩行に支障が出るような場合は切除が必要です。



お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


犬の脂肪腫