犬の肥満細胞腫

肥満細胞腫 肥満細胞腫は肥満細胞より生ずる悪性のものが多い腫瘍です。肥満細胞腫は比較的よくみられる腫瘍で、その発生率は皮膚腫瘍の13%に当たります。
あらゆる部位( 腹部・会陰・陰嚢・脾臓・肝臓・腎臓・肺・咽頭・胃腸・リンパ節・骨髄等)に発生し、その約90%は皮膚や皮下組織に発生します。
肥満細胞腫の発生年齢は3週齡から19歳までと幅広く、平均年齢は8.5歳です。
性差別はなく、雑種に最も多くみられ、他ボクサー・ボストンテリア・ブルドッグ・ラブラドールレトリーバー・ビーグル・シュナウザー等は良く見られます。
症状肥満細胞腫は皮膚の盛り上がりや結節をつくります。
切除しても再発しやすく、又肥満細胞が出す物質のために胃が荒れたり、血液凝固異常等によりショックが
起こり、致命的になる事もあります。
原因肥満細胞と言う真皮の血管周囲にみられる細胞が何らかの原因で腫瘍化してしまいます。
人間ではみられない腫瘍で、おもに皮膚に結節を作ります。
対処法詳しい一般身体検査・血液検査・病理組織検査等が行われる様です。摘出手術を行い、化学療法や放射線療法・免疫療法などを併用し治療が行われる様です。
腫瘍発生部位や腫瘍の状態等、個体差によって異なり、早期発見、早期切除ができれば根治が可能な場合もある等、肥満細胞腫のタイプにより左右される様です。
腫瘍が日増しに大きくなる等する時の予後は悪い場合もあり、症状の改善と言うより、状態維持や肥大防止等を目標に免疫機能を高め、生活の質を高めることが必要と考えられています。
 補足 犬の肥満細胞腫の補足説明
肥満細胞腫はイヌの皮膚腫瘍の7〜20%と多い発生率です。生後6ヵ月齢頃の子犬から認められます。
肥満細胞腫の平均発生年齢は9歳ですが、加齢とともに発生頻度が高くなる傾向があります。
上半身よりも下半身(後肢、腹部、会陰、陰嚢など)に多く発生しますが、肥満細胞腫は口腔内や消化管、呼吸器、生殖器などの内部臓器にも認められます。
イヌでは、ボストンテリア、ボクサー、ブルドッグなどに多く、胴から後半身、四肢によくみられます。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ