犬の皮膚癌

皮膚癌 皮膚と皮下に発生する腫瘍で発生部位や種類も様々に異なる腫瘍です。
代表的に黒色腫肥満細胞腫皮膚リンパ腫等があります。
症状皮膚の盛り上がり等、普段は無いはずのしこりなどが発生します。発生部位によって食欲不振や、歩行困難など様々な症状が現れます。
原因紫外線・放射線・化学的発癌物質・ウィルス・遺伝性・免疫不全等挙げられます。
対処法悪性か良性かなどの判断は詳しい組織病理検査などが行われる様です。
外科的切除が一般的で切除が不可能な場合、又は切除を行ったあと、抗癌剤による内科療法などを併用することもあり、その他、レーザー療法・凍結療法・放射線療法・免疫療法やホルモン療法などもあります。良性腫瘍の場合は切除により完治率90%以上と言われるほど治療できる様です。
悪性腫瘍の場合は種類、発生部位や転位の有無により予後は異なります。普段からよく観察し、早期発見と早期治療が大切です。
補足  犬の皮膚癌の補足説明
皮膚の腫瘍は通常「しこり」として見つかりますが、しこりがすべて腫瘍たというわけではありません。
いわゆる「おでき」のような炎症や感染によるものもあり、また腫瘍でも良性と悪性があります。
一般的には、短期間で急速に大きくなる場合や、皮膚の下の組織まで広がっていて、正常な部分との境界がはっきりしない場合などは悪性の腫瘍・癌が疑われますが、小さく単独のものでも悪性の癌なことがあり外見だけで判断するのは危険です。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ