犬の悪性黒色腫(メラノーマ)

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


犬の悪性黒色腫(メラノーマ)

犬 病気 黒色腫・メラノーマ 黒色腫
メラノーマ
メラノーマ(黒色腫)という言葉は、どちらもメラニン産生細胞(メラノサイト)から
発生する腫瘍です。口腔内皮膚眼球・指などに多くみられ、
口腔や指に発生するものは悪性黒色腫がほとんどで、皮膚や眼球には
良性腫瘍の黒色腫の発生が多いと言われます。犬の黒色腫の
平均発生年齢は9〜11歳で、若い3歳でもみられています。
黒色腫の雄雌差では雄犬に多く、皮膚の色素沈着度が高い
コッカ−スパニエル・スコッチ・テリア・ボストンテリア等の犬種に
多いと言われます。口腔内での黒色腫の発生は9歳以上で、
特に黒色の犬、コッカ−スパニエルに多発しています。
症状 黒色腫の症状は犬の口腔粘膜や舌などに黒褐色の結節が現れてそれが急に大きく
なります。黒色腫は転移が早く、リンパや血行に早期に転移し、悪性と
診断された時点ですでにリンパ節や肺に転移している場合があります。
対処法 黒色腫のしこりを切除して病理組織学的検査を詳しく行う様です。
化学療法(抗癌剤)や黒色腫瘍の除去手術他免疫療法等が行われる様です。
黒色腫の発生率の内、3分1は手術で改善することがある様ですが
その他は早い時期に他の部位などに転移する事が多い為、症状を和らげたり、
転移を阻止する為に免疫力の向上が重要視されています。



犬のメラノーマ・黒色腫の補足説明
メラノサイトに発生する腫瘍がメラノーマ(黒色腫)です。黒色腫と言う名前の通り、黒っぽいおできのようにみえることが多いのですが、褐色や灰色のこともあります。メラノーマの発生率は、イヌでは皮膚腫瘍の2〜3%です。イヌには良性腫瘍と悪性癌が発生します。イヌでは顔面と皮膚によくみられます。口腔や爪の部分に発生した腫瘍の大部分が悪性の癌ですが、他の部分では良性のことが多いようです。良性メラノーマは、植毛が存在する皮膚から生じますが、悪性メラノーマ(悪性黒色腫)は皮膚粘膜接合部(たとえば唇、眼瞼部など)や口腔内、爪下部に発生します。悪性メラノーマ(悪性黒色腫)は、急激に増殖することが多く、局所の浸潤やほかの臓器への転移も多くみられます。



お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


犬の悪性黒色腫(メラノーマ)