猫のエイズウィルス感染症

猫エイズウィルス エイズウィルスに感染し、猫エイズが発症すると免疫機能が低下し、抵抗力が弱まるという免疫不全の病気です。
症状ウィルスに感染してから発症するまでの期間が異なり、数ヵ月後の場合や、
数年後の場合などあります。感染後に発熱・リンパの腫れが見られます。
徐々に進行が進むと、口内炎鼻炎結膜炎・慢性的な下痢・外耳炎貧血
がおこります。
原因エイズウイルスが主な原因で、既に感染している猫との接触によって発症する事が多い様です。
対処法詳しい血液検査等を行う様です。抗生物質・抗炎症薬・インターフェロン等の投与で、初期にはかなり効果はありますが進行すると効果は徐々に薄れる様です。
治療は完治を目指すものではなく、薬の投与や免疫療法などを行いながら病状を軽くしたり、痛みを抑えたりして現在の症状に対する治療(対症療法)が行われています。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ