猫の外耳炎

外耳炎 たれ耳の猫やアレルギー体質の猫に多く見られ、外見だけでは判断のしにくい病気で、外耳に炎症が起こる疾患です。
症状悪臭のある黄・茶色の耳垢が沢山出ます。悪化すると耳介の炎症や腫れ・ただれが見られます。
原因ダニ・アレルギー・細菌が主な原因として挙げられ、シャンプーや異物が原因で発症する場合もあります。  
対処法耳の中を検査し、感染による場合は菌の確定を行う為、細菌、真菌培養を行い原因となるものを確認します。
原因を除いて完治する場合は良いのですが、通常は
慢性化し再発し、長期の治療が必要となる場合が多い様です。
抗生物質・抗細菌剤や抗真菌剤や殺ダニ剤等を投与して治療するようです。耳の中の毛を抜き、2週間に1回位、綿棒で耳道をかるく掃除してあげるなど耳の中の衛生に常に注意する事が良いと言われ、普段から抵抗力や免疫力をつけておくことが必要です。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ