犬の脱毛

犬の脱毛 犬の脱毛は、アレルギー症状・内分泌の障害の甲状腺機能低下症クッシング症候群等による病気が関与し毛が抜ける場合と、
季節の変わり目等に自然に毛が抜ける生理的なものがあります。
症状 病的な脱毛の症状は部分的な脱毛や、体全体の脱毛があり、地肌が見えて皮膚の色が赤や黒に変色します。それと同時に悪臭や痒みが起こります。
内分泌障害が原因の脱毛時は皮膚の痒みを伴う事がほとんどです。
原因 病気が原因の脱毛は内分泌障害やアレルギー寄生虫細菌・遺伝等があります。
対処法 犬の症状を見て状態を把握したり、組織病理検査が必要な場合もある様です。
感染症による脱毛の場合は、薬により感染源を取り除いたり、原因を排除する事で2〜3週間で治癒可能と言われます。
内分泌障害の脱毛は長期の治療が必要となり、1〜3ヶ月(個体差有)かかる場合があります。
遺伝的脱毛は完治が難しく、治療というよりは症状のコントロールが行われ、免疫機能が正常に働くように薬の補助としてサプリメントが多く使用されています。
 補足 犬の脱毛症の補足説明
脱毛症の原因は副腎性のプロゲステロン過剰症、アンドロゲン過剰症が原因と考えられています。
脱毛症の症状は一般にポメラニアン、チャウ・チャウ、キースホンドなど北方犬種に発症します。雌雄犬ともにみられますが雄に多く発生します。
去勢・避妊前後に症状が現れることが多く、四肢と頭部を除く部位で左右対称の脱毛がみられます。患部は完全に脱毛しますが、羊毛状の毛が残ることもあります。皮膚には鱗屑(フケ)や色素沈着が認められることがあります。
成長ホルモン反応性皮膚症、性ホルモン関蓮性皮膚疾患といわれることもあります。
脱毛症の予後は治療によって被毛が生えてきますが、その後、換毛の周期に伴って再び脱毛することがあります。 

病気辞典について

記載されている内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ