犬の副腎皮質機能亢進症

副腎皮質機能亢進症 副腎皮質から分泌されるホルモンの慢性的な分泌過剰状態から発症するすべての症候群を言います。
クッシング症候群とも呼ばれています。
症状元気がなくなる・ホルモン異常により肥満・脱毛やその他症状が見られます。
糖尿病を併発することも多く、糖尿病による症状も多い様です。
原因副腎皮質から分泌されるホルモンの過剰分泌によって起こります。
癌やアレルギーの治療時に多くの副腎皮質ホルモンを投与した場合や、副腎腫瘍・脳下垂体の腫瘍が原因となる場合もある様です。
対処法一般身体検査・血液検査・レントゲン検査・超音波検査等詳しい検査を行う様です。
外科療法と内科療法が選択され、薬の過剰投与が問題の場合には副腎皮質ホルモン薬の量を減らし、副腎に腫瘍がある場合は切除手術を行う様です。副腎皮質ホルモンの過剰投与又長期投与により、簡単に病気を発症する事がある様です。
症状に合った治療法により、体調などをコントロールすることは可能とされていますので、普段から適切な生活と食餌管理を行い免疫機能が正常に働くように心がける事が大切です。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ