犬のアレルギー性気管支炎 喉頭炎 

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


犬のアレルギー性気管支炎 喉頭炎

犬 病気 アレルギー性気管支炎 アレルギー性気管支炎 アレルギー性気管支炎とは、様々なアレルゲンの攻撃を緩和させるための反応
として認められる炎症、又は副腎皮質ホルモン療法に反応する好酸球性の炎症を
持つ気管支炎を言います。
症状 軽度から重度にわたり発症。一般に発作性の乾性咳があり、頸部の伸張姿勢を
示す事もあり、激しい運動や胸部の圧迫によって咳が出たりする事もあります。
中度の症例では喘鳴が起こり、さらに激しい場合には発作性の呼吸困難やチア
ノーゼが見られる事もあります。この場合、発作前から除々に咳がひどくなるという
傾向がみられる様です。
原因 可能性として壁紙等の物質や埃・かび・花粉・煙草の煙・スプレー等が
挙げられています。
対処法 身体検査(とくに胸部の聴診が重要)、血液検査、レントゲン検査などにより症状の
程度を把握し、その次に原因を調べるために、ウイルス検査・細菌培養検査・気管
内分泌物の検査などが行われる様です。基本的に抗生物質、鎮咳剤(咳止め)、
抗炎症剤などの内科療法を行う様です。細菌感染がある場合は抗生物質、
アレルギーのある場合は抗アレルギー剤なども投与し、吸入器を使った吸入療法
で薬剤を鼻から直接気管や気管支に入れる方法もある様です。慢性疾患なので
完治は難しいと考えられますが、症状のコントロール(咳などの頻度)はでき、
根気が必要な疾病な為、 完治率は低いと言われます。ワクチンで予防可能なの
で、定期的に接種することが重要で、他ペットの周囲から埃・花粉・たばこの煙
・スプレー・薬品などの除去に勤め、 室内飼いの場合には加湿器等によって部屋
の湿度・温度を管理する事が良い様です。


犬 病気 喉頭炎 喉頭炎 喉頭粘膜の炎症で、原発性の疾患は少なく、だいたいが鼻炎口内炎咽頭炎
扁桃炎気管支炎など、喉に近い組織の炎症に伴うことが多い。
症状 原因によって全身症状は異なりますが、咳を主とし発熱・食欲不振・嘔気・呼吸困難
・喘鳴・嗄声などが挙げられます。
原因 最も一般的な原因として、上部気道感染を引き起こすウィルス(犬ジステンバー
ウィルス・アデノウィルス)や細菌などの微生物があげられます。その他、誤嚥性の
異物や機械的・化学的刺激又は気管チューブの挿入などの医療時の外傷が原因
になることもあるようです。また犬では、原因不明(免疫介在性)の慢性増殖性
喉頭炎も報告されています。
対処法 内科的療法が一般的で、消炎剤や抗生物質などの投与が行われる様です。室内
飼いの場合には加湿器等によって部屋の湿度・温度を管理する事が良い様です。





犬の気管支炎の補足説明
気管支の炎症は、上部気道の病気が拡大して発生したり、気管支そのものの炎症として発生します。気管支炎は肺炎がもとで生じることはまれですが、気管支肺炎は気管支炎が広がった結果として起こるものです。気管支炎の原因は、冷気、刺激性ガス、塵埃などの物理化学的刺激があるとそれが誘引となり、多くはウイルス感染による上部気道炎に続いて発症します。症状は、急性気管支炎は、発病は急速で、通常は48時間以内に症状が現れます。39.4℃以上の発熱はまれで、呼吸困難があっても重症ではありません。咳は病気の初期には強く、乾性で痛みがあり、けいれん性です。滲出液が化膿性になってくると、咳は音が低くなり、より湿性で頻繁になりますが、痛みは残ります。粘液や滲出液はこの期間中、咳によって排出されます。急性気管支炎を繰り返すと慢性気管支炎になり、さらに気管支拡張症を起こすことがあります。

犬の喉頭炎の補足説明
喉頭炎の原因は、喉頭部の粘膜が炎症を起こした状態 で、咽頭炎や鼻炎、気管炎といった周囲 の炎症に伴ってみられます。ジステンパーなどのウイルス感染や細菌感染、化学物質による刺激、異物などによる機械的刺激が原囚となって起こります。喉頭炎の症状は、咳や嗄声(声がかすれること)、発熱 などに加え、息を吸ったときの呼吸困難 がみられます。

お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


犬のアレルギー性気管支炎 喉頭炎