犬の耳血腫

耳血腫 耳介は皮膚と軟骨から形成されていますが、耳介内の血管が破れ、皮膚と軟骨の間に血様液が貯留して腫れあがった状態を耳血腫と言います。
症状通常は耳介の内側が膨隆します。放置していてもやがて貯留液は吸収され治癒します。
しかし耳介軟骨の変形や委縮によって見た目が変わる事もあります。
原因耳の血管の破れは、頭を強く振ったり、耳を掻くことによって起こると考えられています。
耳血腫を起こす動物はアトピーやアレルギーなどによる耳の疾患をもっていたり耳疥癬(ミミヒゼンダ二)の寄生があることが多くあります。
また自己免疫性疾患として発生するとも言われています。
対処法治療は、腫脹一時的に消失しますが、また貯留します。その為普段からよく耳を観察し耳の痒みをとってあげることで耳血腫を防ぐ方法が一番です。
耳の痒みがアレルギーや体質の場合は免疫機能が正常に働くように心がける事が大切です。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ