犬の膿皮症

膿皮症 膿皮症は細菌による感染性皮膚症です。犬ではその発生頻度が極めて高く見られます。
免疫力の低下している時や、老化の為に皮膚の抵抗力が弱くなった時等に起こりやすい病気です。
症状 発生箇所は顔・脇・指の間・股の内側に多く発生し、ひどい痒みを伴います。
初期に皮膚表面に小さな赤い湿疹が出てきます。病気が進行すると広がっていき、湿疹の中心部が色素沈着で黒くなります。
強い痒みがある為舐めたり、掻いたりする仕草が頻繁に見られます。
その為脱毛が始まります。病気が進行すると、病巣が深部まで進入する為、腫れ・膿瘍・発熱等が起こります。
原因 すり傷や噛み傷から黄色ブドウ球菌などの細菌が感染する為に起こると言われます。
又慢性の皮膚病や栄養不足・免疫の異常なども原因となります。
対処法 殺菌性シャンプー・薬用シャンプーで皮膚を清潔に保ち、必要ならば毛刈りを行ったりします。
但し、過度なシャンプーは症状を悪化させる場合もあるようです。
深部分の膿皮症や膿が出て症状が悪化したり、原因不明の場合、治療が困難で多めの抗生物質の投与による対処等があり、最低でも3週間位で数カ月単位での投薬が行われ、長期の治療が必要と言われます。
補足  犬の膿皮症の補足説明
細菌感染による皮膚病として犬にもっとも多くみられるのは膿皮症です。
この膿皮症は、皮膚の化膿性または膿産生性の細菌感染症のことをいいます。症状は原発疹として膿疱や分泌物を伴う瘻管形成が特徴的です。
膿皮症は、細菌の感染の深さによって、表在性膿皮症、浅在性膿皮症、深在性膿皮症に分けられています。
症状は、かさぶた、痒み、脱毛、色素沈着、血液や膿を含む液体の排出などがみられます。膿皮症の予防は、患部を清潔にすること、飼育環境が高温多湿にならないようにします。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ