犬の脾臓癌

脾臓癌 脾臓は血液を保存し、古い赤血球を破壊することで、脾臓は体の免疫機能に大事な臓器の一つです。
その脾臓に腫瘍が出来、良性腫瘍の血管腫や、悪性腫瘍の血管肉腫や肥満細胞腫瘍、リンパ肉腫も脾臓に癌を発症させます。
犬の脾臓癌の多くは血管肉腫です。
症状元気消失・貧血・食欲低下などがみられます。
原因脾臓癌の原因は、転移性や発ガン性化学物質(排気ガスや農薬など)の環境や、食品添加物、人工着色料や香料などの有害な化学物質、ウィルス・遺伝等があげられています。
対処法腹部超音波検査、血液検査、生検などをし脾臓癌を確定させます。
脾臓の血管肉腫は手術で切除し、その後化学療法などを行いながら予後を観察します。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ