犬の脾臓癌

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


犬の脾臓癌

犬 病気 疥癬 脾臓癌 脾臓は血液を保存し、古い赤血球を破壊することで、脾臓は体の免疫機能に
大事な臓器の一つです。その脾臓に腫瘍が出来、良性腫瘍の血管腫や、
悪性腫瘍の血管肉腫や肥満細胞腫瘍、リンパ肉腫も脾臓に癌を発症させます。
犬の脾臓癌の多くは血管肉腫です。
症状 元気消失・貧血・食欲低下などがみられます。
原因 脾臓癌の原因は、転移性や発ガン性化学物質(排気ガスや農薬など)の
環境や、食品添加物、人工着色料や香料などの有害な化学物質、
ウィルス・遺伝等があげられています。
対処法 腹部超音波検査、血液検査、生検などをし脾臓癌を確定させます。
脾臓の血管肉腫は手術で切除し、その後化学療法などを行いながら
予後を観察します。




お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


犬と猫の中毒症