犬の拡張型心筋症・肥大型心筋症

拡張型心筋症 拡張型心筋症は心室の収縮力の低下と拡張を特徴とする疾患群で、大型から超大型犬種(ドーベルマン・グレートデン・セントバーナード・ボクサーなど)に多発する傾向があるようです。
例外的にスパニエル種も罹患しやすいことが知られています。
雄は雌に比べて4倍も多く発症し、発病の平均年齢は4〜6歳ですが、若齡から老齢まで幅広く認められています。
症状初期には無症状が多く徐々に進行し、元気消失・食欲減・疲れやすい・咳等から始まり、末期には呼吸困難、失神がみられ、突然死する場合もあります。
原因心筋症は原因不明の心筋の病気と定義されることから、その原因は不明ですが一部の症例では(アメリカン・コッカ-・スパニエルではタウリンと恐らくカルニチン不足が原因)、微細な栄養分の不足を補うと回復することが知られています。
対処法X線検査・心超音波検査・心電図・血液検査など詳しい検査が行われる様です。
強心剤・利尿剤・血管拡張薬などで治療する様です。基本的に完治は望めない
病気なのでQOLを保ちながら、薬を使い、薬の補助として免疫機能活性剤を使用
したり、定期検診を行うことしか無いと言われ、経過は、個体によって様々な様です。
普段安定しているように見えても、突然悪化する場合もあるので注意が必要と言われます。
普段の生活は塩分を制限する等、食事の管理や運動制限があります。
運動の制限は必須ですが、肥満は心臓に負担をかけるので適度な運動は必要な様です。
肥大型心筋症 肥大型心筋症は左心室の肥大による伸展性の低下を特徴とする疾患群で、現在のところ報告された症例数が少なく、十分な検討ができていませんが、雄に多く、シェパードに比較的多い様です。
年齢は若齡〜老齢までさまざまで、早くて6か月齢から、遅くて16才(平均5−7才)の間に、発病しています。
症状症状は、一定しておらず、全くの無症状、又は別の病気で検査をして偶然発見される(心雑音・不整脈など)、数時間前までいつもどおり元気だったのに突然呼吸困難が起こる、また、嘔吐・咳・元気がない、といった一般的な症状から、血栓症による後肢の麻痺、最悪の場合には突然死という事もあります。
原因心臓の奇形やホルモンの病気など様々な影響によっても起こりますが、後天的に、原因不明でも起こることがあります。
対処法X線検査・心超音波検査・心電図・血液検査など詳しい検査が行われる様です。
この病気は進行性の病気の為、完治は難しく個体がもっている心臓の機能が、できるだけ長く続いてくれるようQOLを保ちながら、心臓薬を使い、薬の補助として免疫機能活性剤を使用したり、定期検診を行うことしか無いと言われ、経過は、個体によって様々な様です。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ