犬の低血糖症

低血糖症 血糖値が正常な細胞機能を維持出来ないほどに低下し、中枢神経系の機能低下や自律神経系の交感神経の刺激によって起こる状態を言います。
症状 頻脈、ふるえ、いらだち、精神症状、昏睡等が挙げられています。
原因 年齢によって異なり、6週未満の子の場合は、体が高いエネルギー量を要求したり、糖を作る機能が未だ未熟な場合や、その際の蛋白質の不足等によって起こります。
6週齡以上の若年の場合は、寒冷・飢餓・下痢を伴った胃腸疾患等が挙げられています。
対処法 詳しい血液検査などを行い、症状によって、抗生物質投与や免疫機能が正常に働くように治療を行う様です。
 補足 犬の低血糖症の補足説明
低血糖とは、血糖値が60mg/dl以下に低下した状態をいいますが、血糖値が必ずしも60mg/dl以下に低下しなくても、血糖値が低く、それに加えて低血糖時の脳神経症状があれば、低血糖症といいます。
犬が低血糖症を起こす主な病気には、次のものがあります。インスリン過剰症は、膵臓のランゲルハンス鳥β細胞の腫瘍により引き起こされる疾患です。
この疾患にかかった犬は走ったり、吠えたり、たびたび糞尿を排泄するといった不安行動をみせ、重症になればけいれん、精神錯乱、麻痺、昏睡に陥ります。
一過性若齢期低血糖症は、3ヵ月齢までのイヌにみられ、通常は寒冷感作や飢餓による低血糖あるいは消化器障害が引き金となって低血糖を発症します。
元気沈衰や歩行困難、全身性のけいれん、昏睡などを主な症状とします。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ