猫の線維肉腫

線維肉腫 皮膚線維腫は、多量のコラーゲンを産生する線維芽細胞と線維細胞の腫瘍です。
猫は悪性腫瘍の皮膚線維細胞腫のみが発症します。
症状 肉腫の外見は様々で、腫瘍の進行速度も一定ではなく短期間からゆっくり腫瘍が成長(大きくなる)ものまで様々です。
原因 猫の皮膚線維肉腫は猫白血病ウィルス(Felv)と猫肉腫ウィルス(Fesv)との関連が考えられています。
対処法 有効な治療法は限定されていませんが、外科的手術や放射線治療、薬物療法などを行いながら様子をみます。
 補足 猫の線維腫の補足説明
皮膚線維腫は、多量のコラーゲンを産生する線維芽細胞と線維細胞の腫瘍です。
ネコでは線維細胞腫が生じます。皮膚線維肉腫は線維芽細胞の悪性腫瘍で、ネコに多発し、ネコの皮膚腫瘍の12〜25%を占めています。
10歳以上のの高齢のネコの、胴や四肢に発生しやすく、ネコの皮膚線維性肉腫は猫白血病ウィルス(FeLV)と猫肉腫ウイルス(FeSV)との関連が考えられ、ウイルスやワクチン摂取との関連も考えられています。
形は不規則で硬いことが多く、周囲の組織に密着して境界ははっきりしません。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ