犬の真菌感染症・皮膚糸状菌症

真菌症
・皮膚糸状菌症
皮膚糸状菌症は皮膚を好んで感染する真菌です。
この菌は乾燥状態でも1年以上は生存します。
症状真菌症・糸状菌症の症状は、皮膚の痒みや円形脱毛、ほとんどの症状で皮膚の壊死による落屑やかさぶたがみられます。
原因真菌症の原因となるのは数十種類の感染菌がありますが、犬では石膏状小胞子菌による感染が最も多くみられます。
自然界の土壌からの真菌感染や、菌が付着した物(くしやバリカン等)も感染源になります。
対処法予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
 補足  犬の真菌感染症・皮膚糸状菌症の補足説明
皮膚糸状菌は皮膚を好んで感染する真菌です。
イヌに感染症を起こすものとして20種以上が知られていますが、イヌではミクロスポルム・ギプセウム(石膏状小胞子菌)による感染がもっとも多いといわれています。
犬の真菌症・皮膚糸状菌症の症状は多彩で掻痒(かゆみ)を伴うこともあります。脱毛を起こし、ほとんどの犬の皮膚病変に落屑(かさぶた)がみられます。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ