犬の真菌感染症(皮膚糸状菌症)

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


犬の真菌感染症(皮膚糸状菌症)

犬 病気 耳の癌・腫瘍 真菌症
皮膚糸状菌症
皮膚糸状菌症は皮膚を好んで感染する真菌です。この菌は乾燥状態でも
1年以上は生存します。
症状 真菌症・糸状菌症の症状は、皮膚の痒みや円形脱毛、
ほとんどの症状で皮膚の壊死による落屑やかさぶたがみられます。
原因 真菌症の原因となるのは数十種類の感染菌がありますが、
犬では石膏状小胞子菌による感染が最も多くみられます。
自然界の土壌からの真菌感染や、菌が付着した物(くしやバリカン等)も
感染源になります。
対処法 予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。



犬の真菌感染症・皮膚糸状菌症の補足説明
皮膚糸状菌は皮膚を好んで感染する真菌です。イヌに感染症を起こすものとして20種以上が知られていますが、イヌではミクロスポルム・ギプセウム(石膏状小胞子菌)による感染がもっとも多いといわれています。犬の真菌症・皮膚糸状菌症の症状は多彩で掻痒(かゆみ)を伴うこともあります。脱毛を起こし、ほとんどの犬の皮膚病変に落屑(かさぶた)がみられます。



お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


犬の真菌感染症(皮膚糸状菌症)