猫のウィルス性鼻気管炎

猫ウィルス性鼻気管炎 ウィルスの感染によりおこる病気です。
症状 感染後は、食欲減退・発熱がおこり、鼻水・くしゃみ・目ヤニ・呼吸困難が見られます。
原因 猫ヘルペスウィルスに感染している猫と接触した場合や、くしゃみなどからの飛沫感染が原因と言われています。
対処法 詳しい検査などを行う様です。ウイルスに対する有効な薬物や薬物療法はほとんどないので二次感染菌の抗生物質療法になり、衰弱している猫には輸液も行われる様です。
自らの免疫力を向上させ、体内ウイルスの増殖を抑え、排除できるようにならなければ治癒はしないと言われています。
子猫や老齢猫以外は比較的予後は良好な様ですが、免疫状態が低下している場合や白血病、猫エイズにかかっている猫は慢性的に鼻炎や結膜炎が再発する事があるようです。
基礎体力をつけ、栄養補給・目ヤニの掃除・鼻汁の掃除を普段から行う事が大切と言われます。
ワクチン接種で予防出来、完全に予防できるわけではないようですが、発病しても直ぐに治療に反応し短期間で回復する場合が多いようです。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ