犬の肝臓癌

肝臓癌 犬の肝臓癌は肝臓に癌が出来る原発性の肝臓癌と、他の臓器からの転移が原因の転移性肝臓癌があります。
一般的な原発性肝腫瘍は肝細胞癌で、 肝細胞癌は他の部位にほとんど転移せず肝組織に浸潤します。老犬でオス犬のほうが頻繁に発生します。
転移性肝臓癌は他臓器から肝臓に転移した癌で、転移性肝臓癌は比較的多く発生します。
肝臓は体内で多数の身体機能に関係し、体内で循環している多くの有毒物質を解毒する臓器の一つが肝臓です。
服用した薬は、肝臓で代謝され 肝臓に大きい負担がかかり、肝臓の力も衰えやすくなります。転移性の癌は血流やリンパ系を介して肝臓に移動する傾向があります。
肝臓には2つの血管を介して血液が流入するため、転移癌細胞がより容易に肝臓に入りやすくなっています。
症状癌によって肝臓が悪化し、肝臓の働きが悪くなると徐々に症状が出始めますが、初期の頃は目立った症状もとくにありません。悪化すると、嘔吐、食欲低下、血便、貧血、元気が無いなどの症状がみられます。初期の頃は他の病気の症状と似ているので肝臓が悪いとあまり気づくことはありません。
悪化した肝臓になるまで気づかない事が多いので、犬の肝臓癌では、予後が悪く、余命を考えなければいけない様な状態になっていることもあります。
原因原発性肝癌の原因は、発ガン性化学物質(排気ガスや農薬など)の環境や、食品添加物、人工着色料や香料などの有害な化学物質、ウィルス・遺伝等があげられています。
対処法肝臓癌は超音波検査や血液検査、尿検査などをおこないます。
転移していない原発肝臓がんは、肝臓の癌を切除する手術が可能です。
がん細胞の切除できた場合や、肝臓の癌を切除できない場合、転移している場合などによって犬の予後は大きく変わってきます

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ