猫の甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症 甲状腺ホルモン生産や分泌が亢進し、血中の甲状腺ホルモン濃度が高値を持続する甲状腺疾患です。
症状微熱・体重の減少・頻脈、飲水量の増加・多尿・下痢・眼球突出等の症状が起こります。
落ち着きがなくなる事や、すごく活発に行動したりする神経症状も見られます。
原因甲状腺ホルモンの過剰生産が原因となります。
甲状腺機能亢進症の最も多い原因は、甲状腺に発生する腫瘍で、良性と悪性の腫瘍があります。
高齢になって発生することが大多数です。
対処法一般身体検査・血液検査・レントゲン検査・超音波検査等詳しい検査を行う様です。
全て診断する訳ではなく、治療を行う上で必要な情報も収集します。
完治を目指す場合は手術を選択し、大きくなった甲状腺を手術で取り除く方法と放射線をだすヨードの投与又は甲状腺ホルモンの分泌を妨げる薬を一生にわたり投与する方法
がある様です。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ