猫の甲状腺機能亢進症

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


猫の甲状腺機能亢進症

猫 病気 甲状腺機能亢進症 
甲状腺機能亢進症
甲状腺ホルモン生産や分泌が亢進し,血中の甲状腺ホルモン濃度が
高値を持続する甲状腺疾患です。
症状 微熱・体重の減少・頻脈、飲水量の増加・多尿・下痢・眼球突出等の症状が起こり
ます。落ち着きがなくなる事や、すごく活発に行動したりする神経症状も見られます。
原因 甲状腺ホルモンの過剰生産が原因となります。甲状腺機能亢進症の最も多い
原因は、甲状腺に発生する腫瘍で、良性と悪性の腫瘍があります。高齢になって
発生することが大多数です。
対処法 一般身体検査・血液検査・レントゲン検査・超音波検査等詳しい検査を行う様です。
全て診断する訳ではなく、治療を行う上で必要な情報も収集します。完治を目指す
場合は手術を選択し、大きくなった甲状腺を手術で取り除く方法と放射線をだす
ヨードの投与又は甲状腺ホルモンの分泌を妨げる薬を一生にわたり投与する方法
がある様です。




お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


猫の甲状腺機能亢進症