猫の目の癌腫瘍

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


猫の目の癌腫瘍

猫 病気 目の癌・腫瘍目の癌腫瘍 眼球やその関係組織に発生する癌(腫瘍)を言います。視覚に関する組織は中枢
神経系に接しているので、良性な腫瘍でも浸潤すると重大な視覚障害を起こし
やすいと言われます。皮脂腺腫・皮脂腺癌・組織球腫・肥満細胞腫・メラノーマや
基底細胞癌などが挙げられます。癌瞼腫瘍の多くは良性で、悪性腫瘍は10%
以下と言われています。
症状 腫瘍が眼球に接触する場合は流涙や眼瞼痙攣などが起こります。結膜及び瞬膜
の腫瘍は、メラノーマ・腺腫・腺癌・線維肉腫・扁平上皮癌・血管腫・血管肉腫
・乳頭腫などが挙げられます。これは腫瘍が摩擦刺激や突出ほど進行しない限り
症状を伴わない事が多いと言われています。
対処法 一般身体検査・血液検査・生検検査等で詳しい病理組織検査を行う様です。摘出
手術や化学療法、放射線療法・免疫療法やホルモン療法などを併用し治療を行う
様です。



猫の目の癌と腫瘍
ネコの眼瞼の腫瘍では、扁平上皮癌がもっとも多く、しばしば潰瘍状の病変として認められます。ネコの眼窩腫瘍は、90%以上が悪性の眼の癌です。症状は、眼球が突出するほか、眼球が後方に移動しにくくなったり、眼瞼が大きく開いて第三眼瞼が突出するようになり、また、結膜の浮腫もみられます。眼窩には、骨肉腫や線維肉腫、眼窩髄膜腫、腺癌、悪性性黒色腫、肥満細胞腫の発生が知られています。ネコの眼内腫瘍で多く発生するのは、転移性で悪性度のある肉腫です。



お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


猫の目の癌腫瘍