猫の目の癌

目の癌 眼球やその関係組織に発生する癌(腫瘍)を言います。
視覚に関する組織は中枢神経系に接しているので、良性な腫瘍でも浸潤すると重大な視覚障害を起こしやすいと言われます。
皮脂腺腫・皮脂腺癌・組織球腫・肥満細胞腫・メラノーマや基底細胞癌などが挙げられます。
癌瞼腫瘍の多くは良性で、悪性腫瘍は10%以下と言われています。
症状腫瘍が眼球に接触する場合は流涙や眼瞼痙攣などが起こります。
結膜及び瞬膜の腫瘍は、メラノーマ・腺腫・腺癌・線維肉腫・扁平上皮癌・血管腫・血管肉腫・乳頭腫などが挙げられます。
これは腫瘍が摩擦刺激や突出ほど進行しない限り症状を伴わない事が多いと言われています。
対処法一般身体検査・血液検査・生検検査等で詳しい病理組織検査を行う様です。
摘出手術や化学療法、放射線療法・免疫療法やホルモン療法などを併用し治療を行う様です。
 補足猫の目の癌と腫瘍
ネコの眼瞼の腫瘍では、扁平上皮癌がもっとも多く、しばしば潰瘍状の病変として認められます。
ネコの眼窩腫瘍は、90%以上が悪性の眼の癌です。
症状は、眼球が突出するほか、眼球が後方に移動しにくくなったり、眼瞼が大きく開いて第三眼瞼が突出するようになり、また、結膜の浮腫もみられます。
眼窩には、骨肉腫や線維肉腫、眼窩髄膜腫、腺癌、悪性性黒色腫、肥満細胞腫の発生が知られています。
ネコの眼内腫瘍で多く発生するのは、転移性で悪性度のある肉腫です。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ