猫の消化器型リンパ腫

消化器型リンパ腫 消火器にリンパ球の癌ができる病気です。このリンパ腫は高齢の猫によく発症します。
症状猫のリンパ腫の症状は慢性の下痢や嘔吐・食欲不振・体重減少などが見られます。
原因腸の炎症等が慢性的に続くとリンパ腫を発症することがあり、リンパ系の炎症が続くとリンパに腫瘍ができやすいと言われています。
対処法リンパ腫の判断は組織生検・侵襲の程度や全身状態を評価するために血液検査・尿検査・ウイルス・血清検査・レントゲン検査・骨髄検査等の詳しい検査が行われる様です。
リンパ腫には単一又は複数の抗がん剤を使用し化学療法が行われ、リンパ腫の限局した腫瘍に対しては放射線療法も有効と言われ、単一の孤立性リンパ腫は外科的切除によって治療することもある様です。
ステージ(症状の状況)・免疫や体力の有無・ネコ白血病ウイルスの有無・発生部位・治療反応性等の
要因によってリンパ腫の予後は異なり、リンパ腫の発見・治療が遅れると発病後1年以内にリンパ腫の再発や死亡してしまうこともある様です。
補足 猫の型リンパ腫の補足説明
リンパ管肉腫は、リンパ管にもっとも多く発生しますが、皮膚にも発生がみられます。
これらの二つの腫瘍は、ネコにも消化器型リンパ腫は起こり、猫では短毛種に発生が多いようです。ネコのリンパ管肉腫は、おなかや足の皮膚などにみられます。
診断血管肉腫では、血液検査により白血球数の増加、貧血、血小板数の減少、赤血球の変形(破砕赤血球)が認められます。
また脾臓が大きくなっている場合はX線検査でそれがわかりますし、腹部超音波検査により血液を豊富に含む脾臓を描出することもできます。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ