猫の猫伝染性腹膜炎・FIP

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


猫の猫伝染性腹膜炎・FIP

猫 病気 猫伝染性腹膜炎 FIP
猫伝染性腹膜炎
FIPと言われ、乾性型と湿性型がある伝染症です。症状が複雑な為治療が
困難な病気の一つと言われています。
症状 FIPはウィルスに感染してから発症するまでの期間が一定していません。
主な症状はお腹が異常に膨らむということです。乾性型は目のにごり・出血
・食欲不振による体重の減少がみられ、湿性型は、腹部の異常な膨張と、
呼吸困難・食欲不振による体重の減少が見られます。
原因 猫伝染性腹膜炎ウィルスに感染している猫との接触(ケンカ・便・尿・唾液)や、
餌皿などの容器からの経口感染が原因と言われています。
対処法 詳しい検査を行い症状に合わせ抗生物質・抗炎症剤・インターフェロン・副腎皮質
ステロイド薬等を投与し、腹水や胸水がたまっている場合は注射針で吸引除去
する等の治療が行われる様です。




お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


猫の猫伝染性腹膜炎・FIP