猫の白内障

白内障 白内障は水晶体、水晶体嚢の混濁する病気です。
代表的に糖尿病疾患の時に起こる事があります。
症状病気が進行するほど水晶体が白く濁る為、視力が落ちます。
その為、歩行困難(物にぶつかる・真直ぐ歩けない)が見られるようになります。
原因遺伝性・外傷性(傷・炎症)・代謝性(糖尿病)・中毒性(薬物)と言われています。
又、加齢が原因の場合もあります。
対処法治療は点眼療法等の内科療法を行いますが、進行のスピードをおさえることはできますが治療目的ではないようです。
根治療法は、水晶体を取り除いて人工レンズを装着させる等の外科手術のようです。
外科での手術成功率は50%前後といわれ、成功しない場合は失明です。
年をとると、差はありますが白内障はでてくるものですが悪化のスピードを抑える目薬等が予防としてあるようです。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ