猫の白内障

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


猫の白内障

猫 病気 白内障 白内障 白内障は水晶体、水晶体嚢の混濁する病気です。代表的に糖尿病疾患の
時に起こる事があります。
症状 病気が進行するほど水晶体が白く濁る為、視力が落ちます。
その為、歩行困難(物にぶつかる・真直ぐ歩けない)が見られるようになります。
原因 遺伝性・外傷性(傷・炎症)・代謝性(糖尿病)・中毒性(薬物)と言われています。
又、加齢が原因の場合もあります。
対処法 治療は点眼療法等の内科療法を行いますが、進行のスピードをおさえることは
できますが治療目的ではないようです。根治療法は、水晶体を取り除いて人工
レンズを装着させる等の外科手術のようです。外科での手術成功率は50%前後
といわれ、成功しない場合は失明です。年をとると、差はありますが白内障はでて
くるものですが悪化のスピードを抑える目薬等が予防としてあるようです。




お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


猫の白内障