猫の栄養性障害

ビタミンB欠乏症 猫の栄養性の病気の中では比較的発症しやすいと言われています。
症状軽い症状は、吐き気・食欲不振・眼の異常が見られ、重くなると立ち上がれない等の
神経症、痙攣・昏睡状態になる事もあります。
原因猫は犬に比べ多くのビタミンB1(チアミン)を必要としていますが、魚を中心とした食事をとっているとビタミンB1が不足しがちになります。
病気や食事が原因でビタミンB1の摂取量が減り、欠乏症を起こします。
ビタミンD過剰症 食事や病気による栄養障害の病気です。
症状肝機能障害・血圧上昇・歩行困難等がおこります。
原因ビタミンDの過剰摂取が原因です。
ビタミンA欠乏症 食事や病気による栄養障害の病気です。
症状皮膚の異常(乾燥・フケ・脱毛)が見られ、子猫にビタミンAが不足すると骨の変形等が起こることもあり、脳に障害をうけ運動失調が起こることもあります。
雌猫は不妊や流産・死産することがよくあると言われています。
原因体内でビタミンAを作る事ができない猫は、食欲不振が続くと欠乏症を起こしやすくなると言われています。
ビタミンA過剰症 食事や病気による栄養障害の病気です。
症状食欲不振・骨の変形がおこり、脊椎が変形して痛みによって起き上がる事も出来ない場合があります。
原因レバーや卵黄に多く含まれるビタミンAの過剰摂取が原因と言われています。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ