犬の白血病

白血病 白血病は細胞の起源により骨髄性白血病・単球性白血病・リンパ性白血病・赤白血病骨髄巨核球性白血病・形質細胞性白血病などに分けられます。
さらに病型は急性型と慢性型に分けられます。
症状犬は嘔吐や熱・食欲不振等も見られ、その他様々な症状が引き起こされます。
原因急性白血病は未分化な白血球が腫瘍性に増殖したもので、慢性白血病は成熟した白血球が腫瘍性に増殖したものです。
対処法レントゲン検査・血液の病理検査など詳しい検査が行われる様です。
慢性白血病は進行がかなり遅く、治療も緩やかですが、急性白血病は、進行が極めて早く制ガン剤が有効でない場合がある様です。
制癌剤等の投与や点滴など病気の種類や症状に合わせて治療を行い、薬の補助として免疫活性の役割があるものが使用される事もある様です。
肥満細胞性白血病 肥満細胞腫のうち肥満細胞が末梢血中に多くみられた場合に肥満細胞性白血病と呼ばれます。
明らかな皮膚病変がみられ、末梢血中に肥満細胞がみられるものは肥満細胞血症と呼ばれます。
肥満細胞症は犬より猫でよくみられ、内臓型、特に脾臓の肥満細胞腫瘍で認められる肥満細胞血症と同じものをあらわしていると言われています。
骨髄性白血病 骨髄性白血病には急性骨髄性白血病・慢性骨髄性白血病や好酸球性白血病、好中球性白血病などが挙げられます。
急性骨髄性白血病は骨髄・単球・赤芽球系の未成熟な幼若細胞が腫瘍性増殖するという症状を言います。それ以降成熟が停止し、白血病裂孔がみられます。
リンパ性白血病 リンパ性白血病には急性リンパ芽球性白血病・前リンパ性白血病・慢性リンパ性白血病などがあります。
慢性リンパ性白血病は成熟リンパ球が末梢
に多数出現するもので、通常無症状のことが多いが血症を伴うこともあるようです。
補足  犬の白血病の補足説明
造血幹細胞が骨髄中で腫瘍化した状態を白血病と呼びます。
白血病細胞は、骨髄の中で盛んに細胞分裂と増殖を繰り返すため、正常な造血能力は奪われてしまいます。
その結果、犬の白血病の症状として貧血が起こったり、血小阪や正常な白血球が少なくなったりします。また、元気がなくなったり、散歩に行ってもすぐに疲れたり、さらに体表の紫斑や歯茎からの出血、発熱がみられるようになり、ときに腫大したリンパ節に気づくこともあります。
白血病は、中齢から高齢の動物によくみられますが、1歳程度の若い犬の年齢でも白血病を発症します。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ