猫の日光過敏症候群

日光過敏症候群 強い日差しにさらされた為に起こる皮膚の炎症です。白い猫に多いと言われます。
症状 頭部に斑点ができ、頭部や顔の脱毛が起こります。かゆみは少ないと言われ、重度になると潰瘍になり、皮膚がんを発症することもあります。
原因 日光に含まれる紫外線が原因です。
対処法 紫外線に浴びないようにする事が大切です。全く紫外線を浴びない様にする事は困難なので、なるべく日陰や、屋内での生活をする様に心がける。
 補足 猫の光線過敏症 日光性皮膚炎の補足説明
日光を過剰に浴びることによって起こる皮膚炎で、毛が白色の猫や毛の薄い部分に起こります。
日光性皮膚炎の原因は長時間にわたって日光に当たることで発症し、また、遺伝性素因もあると考えられています。ネコは、耳に起こりやすく、とくに毛の白いネコに発生しやすい傾向があります。
日光性皮膚炎の最初は皮膚が赤くなる程度ですが、その後、脱毛やフケ、かゆみが起こり、さらに進むと色素沈着潰瘍が生じることもあります。
ネコもこの日光過敏症が重度になると扁平上皮癌が発症する可能性があります。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ