犬の乳癌(乳ガン)・乳腺腫瘍

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


犬の乳癌(乳ガン)・乳腺腫瘍

犬 病気 乳ガン・乳腺腫瘍 乳癌
乳腺腫瘍
乳腺腫瘍・乳癌は雌犬の腫瘍として最も一般的な癌腫瘍で雌の全腫瘍の
約50%にも相当しています。雌の乳房又はその付近の皮下に様々なしこりが
発生し乳腺腫瘍・乳癌は老齢犬に多く、犬の平均年齢は10〜1 1歳です。
犬種による発生率は、プードル・イングリッシュスパニエル・イングリッシュセッター
・コッカ-スパニエルで高く、チワワ・ボクサーは低いと言われます。
症状 犬の乳腺部のしこりや大きな固まりが見られたり、皮膚の炎症のようにみえると
いうのが乳腺腫瘍・乳癌の代表的な症状です。悪性の乳腺腫瘍や乳癌は早期
発見が大切で、肺などに転移する事が多いため致命的になる事もあります。
原因 エストロゲンという卵巣から出るホルモンに依存し、乳腺腫瘍・乳癌の発生率は
発情期以前に避妊した雌犬では約0.5%、1回目の発情期で避妊した場合は約
0.8%、2回目以降に避妊した場合は約26%になります。早くから避妊手術を
した雌犬には発生が少ないと言われます。
対処法 触診を主に行い、超音波検査やCT 検査も行う事もある様です。腫瘍が小さい時に
摘出することが原則となり、組織検査を行い良性なら観察し、悪性であれば腫瘍
細胞が残っていないか検査し、残っていた場合は再手術、化学療法、放射線治療
等を行う様です。転移のない初期であれば、個体により異なりますが根治も可能
と言われています。初潮前に避妊手術を行う事で腫瘍の発生率が下がるという
報告もあるようですが、初潮前の避妊は成長後のホルモンバランスに悪影響を
与えるという報告も挙げられています。




犬の乳がん・乳腺腫瘍の説明
乳腺腫瘍はイヌに比較的多くみられる腫瘍です。イヌで乳腺腫瘍がよく発生する年齢は、10歳齢以上といわれています。しかし、近年、若齢のイヌに避妊手術を施す習慣が定着してきたため、その発生率は徐々に低下する傾向にあります。乳腺腫瘍はホルモン依存性腫瘍で、腫瘍の発生には卵巣ホルモンの分泌が関係しています、乳腺腫瘍の良性と悪性の比率は、イヌでは半々といわれています。良性の乳腺腫瘍には乳腺腫と線維腺腫(良性混合腫瘍)があり、悪性には乳腺癌と癌肉腫(悪性混合腫瘍)、炎症性乳癌があります。炎症性乳癌は、非常に悪性度の高い乳癌ですが、激しい皮膚の炎症を伴うため、一見すると皮膚炎や乳腸炎と間違われることがあります。なお、イヌの乳腺腫瘍は、明らかに性ホルモン依存性の疾患で、最初の発情前に避妊手術を施したイヌでは発生率は0.05%であるのに対し、初回発情後に避妊手術を施した場合は8%、2回目発情以降に避妊手術を実施した場合は26%となっています。乳腺腫瘍は雌犬に限らず雄にも発生する場合があります。発生頻度はごくまれで、雌の場合と同様の経過となります。乳腺腫瘍が発生した場合、飼い主が患部に触れて確認することができるため、早期発見が可能です。治療にあたっては、腫瘍の大きさが3p以下で境界が明瞭であり、リンパ節転移の疑いがない場合は、比較的良好な結果が得られるようです。悪性腫瘍の場合は、他の臓器(とくに肺)に転移することが多く、X線検査も必要です。治療に際しての第一選択は摘出手術です。ただし、乳房の部分切除を行うか、全切除を行うか、また、乳腺の摘出と同時に卵巣と子宮も摘出するか、様々な選択肢があります。良性の乳腺腫瘍の場合は、腫瘍の完全切除によって経過は良好となりますが、悪性の乳腺腫瘍の場合は、すでに癌が転移を起こしていたり、癌が再発をする可能性が高く、最終的に放射線療法が必要になることもあります。また、悪性の乳腺腫瘍摘出後に化学療法を実施すると、一部の薬物により部分寛解が可能であるといわれています。

お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


犬の乳癌(乳ガン)・乳腺腫瘍