猫の耳の癌

耳の癌 耳の中にイボのような腫瘍がたくさんできます。特に中・高齢に発生しやすいと言われます。
症状小さな腫瘍時は症状は現れませんが、大きくなるにつれ炎症が起こり、化膿や出血が見られます。
又、分泌液が出ることもあり、ひどくなると耳の穴を塞いでしまうこともある様です。
原因耳の中にある汗腺のアポクリン腺というのが腫瘍化するためにおこります。
対処法一般身体検査・血液検査・生検検査等で詳しい病理組織検査を行う様です。
摘出手術や化学療法、放射線療法・免疫療法やホルモン療法などを併用し治療を行う様です。
  猫の耳の癌腫瘍
耳の腫瘍とは、耳にできた異常な構造物のことですが、ポリープや炎症性肉芽のような腫瘍でないものも発生することがあります。
耳の癌発生の原因は、耳介の腫瘍は太陽光線の照射を長時間にわたって受けることによって、扁平上皮癌などの腫瘍が誘発されやすくなっているためと考えられています。
耳介に他生する腫瘍は、ネコでは悪性のものが多いようです。
ネコの扁平上皮癌やもともとの発生揚所が不明の癌腫が発生している場合は、予後は良好とはいえません。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ