犬の前立腺腫瘍(癌)

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


犬の前立腺腫瘍(癌)

犬 病気 前立腺腫瘍前立腺腫瘍 前立腺腫瘍の発生率は犬では低いものですが、犬の前立腺疾患の5%を占めると
言われています。前立腺の腫瘍には腺癌・平滑筋肉腫・移行上皮癌などが挙げられ
ほとんどは、腺癌です。前立腺の腫瘍で良性のものは報告されていません。
前立腺癌は非常に悪性の腫瘍で隣接臓器への侵入もしくは癌の転移は
早い段階で起こります。
症状 前立腺の腫瘍塊は前立腺皮膜を通して直腸骨盤の筋肉などに侵入し、
排便困難を生じたり、膀胱の頸部・尿道に侵入することにより排尿困難を起こします。
転移は腸骨リンパ節を介して肺や腰椎へ起こる傾向がみられます。
犬の前立腺腫瘍でもっとも普通に見られる症状は、便秘やしぶり、
排便困難・排尿困難など、前立腺肥大とよく似ていますが、前立腺の癌が
進行していくと後腹部や腰部に痛みがある為、犬は歩くことを嫌がります。
対処法 詳しい触診・レントゲン検査・血液検査・尿検査・超音波検査・組織病理検査等が
行われる様です。レーザー療法・放射線療法や前立腺切除術が行われていますが
完治は低く、症状の改善と言うよりは、状態維持や緩和を目的として免疫機能を
高めることが必要と言われています。



犬の前立腺腫瘍の補足説明
イヌにおける前立腺腫瘍の発生はまれです。ただし、発生した場合はそのほとんどが悪性腫瘍で、多くは前立腺癌や未分化癌腫であったり、あるいは膀胱癌からの転移によるものです。前立腺癌は、診断時には70〜80%がすでに他の組織(リンパ節や腰椎、肺など)に転移を起こしています。



お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


犬の前立腺腫瘍(癌)