犬の疥癬

疥癬 発症した場合、接触した犬や、他の動物にも感染すると言われますので他の犬や動物と接触を避けたほうが良いと言われています。
症状 耳や顔・かかと・ひじ等に発疹が出ます。激しいかゆみで患部をしきりに掻いたりなめたりします。体毛にフケが出たりかさぶたが出る事もあります。
原因 ダニの寄生が主な原因と言われています。
対処法 皮膚の中に生殖するダニなので、非常に検出が難しい場合もあり、色々な方法で、ダニを探します。全身の毛を刈り取り、殺ダニ効果がある薬品の使用・殺ダニ効果がある注射薬を使用・外用薬・薬浴で治療し、痒み止め薬の投与が挙げられます。再発する可能性もありますが、完治(根治)率は95%以上と言われるほど高い様です。
補足  犬の疥癬の補足説明
疥癬はヒゼンダニ症ともいわれ、非季節性のかゆみを示す皮膚炎です。原因となるダニは、皮膚の角質層内で栄養を摂取しています。
そのため、激しいかゆみが起こるのが特微です。疥癬による激しい痒みの為に犬が皮膚を掻いたりすると皮膚が損傷を受け、細菌の二次感染がおこって化膿性の皮膚炎が発症します。
疥癬の治療はダニの駆除が有効です。ダニ駆除薬を繰り返し投薬することで孵化するダニを完殺滅します。多くの疥癬症では完治させることが可能と言われます。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ