犬の心不全・心内膜炎

心不全 心不全とは、心機能の異常により、心臓が生体の組織代謝に必要な血液を拍出できない状態を言います。
症状 犬は少しの運動や散歩でも息切れし、嫌がるようになり、咳をしたりします。やがて、安静時でも呼吸が荒くなり、食欲も落ちてきます。
この病気にかかりやすい犬種はマルチーズやシーズー・ミニチュアドッグ等が挙げられます。
原因 右心不全と左心不全があり中でも先天性(心房中隔欠損症・大動脈弁閉鎖不全症等)と、後天性(犬糸条虫症・慢性閉塞性肺疾患等)が挙げられています。
対処法 詳しい胸部の聴診、レントゲン検査、心電図、超音波検査等が行われ、外科療法や内科療法など症状や原因に合った治療が行われます。
感染性心内膜炎 弁および心臓の内面を覆っている心内膜に感染が起こり、主に大動脈弁と僧帽弁が侵される疾病です。
症状不整脈を引き起こします。心臓以外では疫状病変から細菌を含んだ血栓剥がれ落ち、全身性の塞栓症・梗塞および転移性の感染症を引き起こします。
原因菌が一般的で、その他の細菌も原因菌になります。
対処法X線検査・心超音波検査・心電図・血液検査など詳しい検査が行われる様です。
治療は抗生物質の投与が中心になり、細菌を排除する為に、長期間の治療が必要と言われます。不整脈や心不全が見られたときにはその治療を行います。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ