猫の慢性腎不全 急性腎不全

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


猫の慢性腎不全 急性腎不全

猫 病気 慢性腎不全 慢性
腎不全
猫の慢性腎不全は数ヶ月から数年の経過で腎機能の障害が進行します。
症状 進行度により現れる症状も異なりますが口腔潰瘍や舌先端の壊死(血栓による)が
みられることもあり、末期の場合は乏尿・無尿となり、尿毒症症状が現れます。
慢性腎不全はやっかいな症状で治療を行っても病態が進行したり体内のバランスが
崩れ体液の恒常性が保たれなくなる等予後は不良となる場合が多く見られます。
原因 1歳未満の猫の慢性腎不全の殆どは先天的腎形成異常によるものですが、その他
ネフロン数がもともと足りない、異常なネフロンが多い、血管奇形の場合などがあり
ます。その他糸球体腎炎・ネフローゼ症候群・糖尿病腎症・腎性尿崩症・腎乳頭
壊死・腎硬化症・萎縮腎等が挙げられます。猫の急性腎不全の繰り返しで、
慢性腎不全となる事もあります。※ネフロンとは腎臓の基本的な機能単位であり、
腎小体とそれに続く1本の尿細管を指す。 腎臓一個に約100万個のネフロンが存在。
対処法 一般身体検査のほか血液検査・尿検査・レントゲン検査・超音波検査等が行われ
る様です。急性腎不全の主な治療は、腎臓が機能を回復するように原因を除き、
点滴を続ける様です。急性の段階では腎臓の破壊は永続的ではなく、徐々に回復
することが多く、腎臓や全身への障害がきわめて強ければ死亡することもある様
です。慢性腎不全の主な治療は点滴と正しい栄養補給、貧血の治療などが行われ
ますが、慢性腎不全で尿が作られなくなると回復は望めなくなり完治する事は無い
ので、進行を遅らせたり、体調を整えたりする事が目的になるようです。まず静脈
内点滴・腹膜透析・血液中の老廃物を体外に出す・体液のバランスを保つ等が
行われ、免疫機能の正常な働きを心がけます。定期的に健康診断や普段から
栄養バランスを考えた食事管理が大切と言われます。


猫 病気 急性腎不全 急性
腎不全
猫の急性腎不全は数時間から数日の経過で起こります。出来る限り早期に原因を
突き止め治療を行えば、2〜3週間程で回復が可能と言われます。
但し、慢性腎不全に移行する猫の症例も多くあります。
症状 腎機能に重度な障害が生じ、乏尿もしくは無尿となります。体内の老廃物が十分に
排泄されずに、体液の恒常性が保たれなくなり急速に尿毒症になりし、放置されれば
死に至る事もあります。
原因 環血流量低下と腎動脈圧の低下の場合例として熱射病・日射病・長時間の麻酔
・外傷性出血・心機能不全等が挙げられます。薬物中毒の場合は例として抗生物質
・抗真菌剤・重金属・有機物質等があり、他の場合は損傷・脱落などによって起こる
ものもあります。又その他の症状によって起こる場合もあります。
対処法 一般身体検査のほか血液検査・尿検査・レントゲン検査・超音波検査等が行われ
る様です。急性腎不全の主な治療は、腎臓が機能を回復するように原因を除き、
点滴を続ける様です。急性の段階では腎臓の破壊は永続的ではなく、徐々に回復
することが多く、腎臓や全身への障害がきわめて強ければ死亡することもある様
です。慢性腎不全の主な治療は点滴と正しい栄養補給、貧血の治療などが行われ
ますが、慢性腎不全で尿が作られなくなると回復は望めなくなり完治する事は無い
ので、進行を遅らせたり、体調を整えたりする事が目的になるようです。まず静脈
内点滴・腹膜透析・血液中の老廃物を体外に出す・体液のバランスを保つ等が
行われ、免疫機能の正常な働きを心がけます。定期的に健康診断や普段から
栄養バランスを考えた食事管理が大切と言われます。



HOMEアガペットゴールド案内飼い主様のお声お勧め理由


猫の慢性腎不全 急性腎不全