犬の膀胱炎・排尿障害

膀胱炎 尿の流れとは逆の方向に細菌が侵入し、膀胱で炎症を起こす事を言います。
症状 血尿・悪臭尿・排尿時の痛み・残尿感・飲水の増加・濁った濃い色の尿・少量頻回排尿・排尿時の終わりに血尿が見られる・白っぽく濁った尿が挙げられます。
原因 まれに腎臓の感染、直接血液からの感染、前立腺の炎症が原因の場合があります。
膀胱結石は慢性膀胱炎の原因にもなります。特徴として雄より雌の方が膀胱炎を起こしやすいと言われています。犬の膀胱炎は、細菌感染によって起こることが多いのですが、猫ではウィルスやその他の原因によるものもあります。
膀胱炎の原因は、感染による一次性と、尿石や腫瘍等の形態的変状による二次性のものに分けられます。
対処法 詳しい検査を行い、細菌の種類を調べる為に、尿を培養して細菌を分離する事もある様です。主に抗生物質や合成抗菌剤を投与して治療を行う様です。
治療は数週間から数カ月の長期間行わないと再発も多いと言われています。
排尿障害 排尿行動は、受動的な蓄尿相と能動的な排尿相の2つの過程から成り、これらの過程が妨げられた状態を排尿障害と呼びます。
尿失禁は、膀胱および尿道括約筋
の制御不能の結果で、蓄尿と排尿の制御に関わる様々な構成要素のいずれかの機能不全によって起こることがあります。

病気辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ