猫のトキソプラズマ感染症

トキソプラズマ感染症 人にも移るといわれる病気です。
ほとんどの猫には、無症状と言われますが、子猫や年老いた猫、体の弱い猫が感染すると致命的な病気と言われます。
症状 血便を伴う下痢・発熱・咳・呼吸困難がおこり、慢性症状としては、長く続く下痢があり、目のにごりや体の麻痺などが見られます。
原因 トキソプラズマという微生物が感染することが原因です。トキソプラズマに既に感染した肉など(哺乳類・鳥類)を食べた事が感染源と言われています。
対処法 詳しい検査を行いますが菌やウイルスに対する薬物療法等が行われる様です。
免疫力を高め、体内ウイルスの増殖を抑え、排除できるようにならなければ治癒はしない為、基礎体力や栄養をつけ、低下している免疫力を高めてあげることが大切です。

辞典について

記載されている病気等の内容については、日常の健康チェックの参考としてご覧ください。気になる様子がある場合は、必ず早めに獣医さんや専門医に診てもらいましょう。

紹介

愛犬や愛猫のお悩みにも配慮して、無味無臭で飲みやすいサプリメントとしての嗜好を高めています。こだわりの素材・こだわりをギュッと濃縮し毎日の健康にアプローチ。
犬猫の健康を維持し免疫力を維持するサプリメント紹介

ページの先頭へ