猫の巨大結腸症 腸内細菌の異常繁殖

HOME お勧め理由 製品案内 ご注文・問合せ 飼い主様お声 Q&A


猫の巨大結腸症 腸内細菌の異常繁殖

猫 病気 巨大結腸症巨大結腸症 慢性化する病気で、若い雄猫に多く発症します。大腸の大部分を
占める結腸が無力になり、腸の力で便を出す事が出来なくなるので、
ますます便がたまり、結腸が膨らみます。
症状 吐き気・嘔吐・食欲不振・脱水症状が起こり、何日も便が出ない
重度の便秘になります。
原因 先天性又は外部からの衝撃・事故や病気が原因と言われています。
対処法 軽い場合は、内科療法を併用し定期的な浣腸を行い、重い場合は、結腸を切除し
食事療法と内科療法を併用し行う様です。


猫 病気 腸内細菌繁殖 腸内細菌
異常繁殖
胃腸の細菌は、胃酸の分泌・腸の運動・膵液の分泌・局所免疫・腸粘膜の粘液層や
食物など様々な要因が作用し合い調節されています。 
原因 小腸内での細菌の異常繁殖は、胃酸の分泌異常・胃炎、胃萎縮や腸運動性の異常
特発性・神経性・炎症性の腸疾患・異物・腫瘍などによる通過障害や免疫の異常
栄養失調・膵外分泌不全・粘液産生不全・栄養吸収不全等によって起こると言われています。
対処法 詳しい検査を行い、抗生物質の投与等が行われる様です。 




お問合せ・ご注文はこちら


HOMEサプリメント アガペットゴールド案内お買物方法飼い主様のお声お勧め理由特商法の表示


猫の巨大結腸症 腸内細菌の異常繁殖